life-trend

手数料が最安値!住信SBIネット銀行の口コミ

スポンサードリンク  

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資によって設立されたインターネット仕様に特化したネット銀行です。ネット専業の銀行のため実店舗は存在しませんが、便宜上、個人向け口座の支店名には果物の名前が使用され、5つの中から自動的に割り振られます。

shutterstock_116846419

本社は東京都港区六本木1丁目6番1号泉ガーデンタワー18階に所在します。資本金310億円(2015年3月31日現在)、純利益単体:99億79百万円(2015年3月期)、従業員数294名(2015年3月31日現在)となっています。
SBIグループのSBI証券との連携が重視されており、同証券に直接入金せずとも買付資金として充当される「SBIハイブリッド預金」や、銀行のサイト上で預金残高と証券口座の残高を一括把握可能なインターフェースなど、銀行と証券会社の融合にむけた方向性を打ち出しています。
スポンサードリンク

 

住信SBIネット銀行のATMについて

ATMでの出金は、月2〜15回まで無料(預金残高によってランクがあり、回数が決まります)、規定の回数以降については1回108円(税込)で出金できます。

また出金が可能な提携先のATMは、セブン銀行ATM・イオン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATM(24時間対応)、ビューアルッテATM(初電から終電までの営業時間内)、ゆうちょ銀行ATM(0:05から23:55まで)、などがあります。住信SBIネット銀行同士での振込手数料は何回でも無料、他行宛振込手数料は無条件で月1〜15回まで無料です。

また「SBIハイブリッド預金」と呼ばれる、株や投資信託などの取引がを行うことできる証券会社のSBI証券と連携することで金利を高くするサービスも実施されています。
住信SBIネット銀行は、主要なネット銀行の中でも定期預金の金利が比較的に高く設定されている銀行です。特に、年2回の賞与のタイミングで、金利が高くなる傾向があり、中期的な3〜6ヶ月の期間の定期を活用することで、お得な金利を得る事ができる仕組みとなっています。

住信SBIネット銀行のその他のサービスを紹介

「住信SBIネット銀行のカード」は、1枚のカードにキャッシュカードの機能ととVISAデビットカードの機能の両方を合わせたカードとなっています。

口座に残高がある場合には、デビットカードとしても使用することもできます。デビットカードを使用することで、出金のためにわざわざATMに立ち寄る手間も省け上、余計な手数料を支払いこといを防止することにもつながります。住信SBIネット銀行のVISAデビットカードは、かざすだけで支払いが完了するVisa payWaveへの対応もされているので使い勝手がよいこともおすすめできるポイントのひとつです。

また、「住信SBIネット銀行の住宅ローン」は少しでも金利を安く押さえた方や、返済時の手数料を安く押さえたい方におすすめの住宅ローンです。このローンは、組んだ後の繰上返済が1円単位から使用できるうえ、回数も何回おこなっても手数料は不要で、無料でできるようになっています。これから住宅の購入を検討されている方にお勧めできる商品です。

スポンサードリンク
 

  関連記事

スクリーンショット 2017-05-14 10.36.23
乗り換え案内サービス「ジョルダン」ってどう使うの?

ジョルダンがWEBサービスとして提供している「ジョルダン乗換案内」は公共交通機関を利用する際の経路検索サービスです。WEBサービス以外 …

スクリーンショット 2017-05-16 10.23.07
プロバイダー「plala」ってどうなの?

プロバイダー「plala」(ぷらら)はNTTコミュニケーションズグループである株式会社NTTぷらが運営する大手インターネットサービスプ …

shutterstock_77818828
ネットバンク最大級の「楽天銀行」

楽天銀行は、正式名称を「楽天銀行株式会社」といい、日本のインターネット銀行の草分け的存在であったイーバンク銀行から、2010年5月4日 …

スクリーンショット 2017-04-09 16.02.59
プラレミアムフライデーとは?その実態は?

プラレミアムフライデーとは2017年2月24日よりスタートしたキャンペーンであり、毎月末の金曜日に午後3時に会社の退社を促すものです。 …

スクリーンショット 2017-05-17 10.32.39
便利と話題の「えきねっと」って何ができるの?

えきねっとはJR東日本が提供しているインターネットサービスで、電車の乗り換え案内だけではなく、全国の新幹線や、JR特急列車の切符の予約 …