life-trend

プラレミアムフライデーとは?その実態は?

スポンサードリンク  

プラレミアムフライデーとは2017年2月24日よりスタートしたキャンペーンであり毎月末金曜日午後3時会社の退社促すものです

スクリーンショット 2017-04-09 16.02.59

昨今日本国内において労働者の働き方を見直す働き方改革話題になっていますそもそも働き方改革とは、社会の変化にともなって会社での働き方も改革していくこと

また現在話題となっている長時間労働への問題が特に議論されていますまた育児や介護などの問題もあるフルタイムでは仕事に従事できない育児後の復帰を望む女性であったり働けるアクティブシニア層の労働力も貴重ですその中でテレワークや在宅勤務などいわゆる副業といった働き方が注目されています

プレミアムフライデーはその働き方改革へ好影響をもたらすことを期待日本政府と経済界が一体となって始まりました

プレミアムフライデーを導入することにより個人の消費への期待もありますがなにより長時間労働などの問題を解決するのが狙いでもあります
スポンサードリンク

 

 「プレミアムフライデー」で何ができるの?

プレミアムフライデーを導入することにより会社を午後3時に退社促しますそれにより導入企業の従業員は街での買い物外食、アフター5ならぬアフター3を楽しむことができますまた土曜日曜と午後3時から翌日からの休日も生まれるので比較的距離のある旅行などにも時間が使えることも想定しています

またプレミアムフライデーの導入により都心部のデパートや飲食店を中心に営業時間の調整プレミアムフライデーキャンペーンなどの名前でイベントデパートのセールなども実施されています

また娯楽の面だけではなく家族とのコミュニケーション自身の資格取得のための勉強時間充て企業へのシナジー効果を期待する声もありますプレミアムフライデー導入時の研究機関のアンケート調査によると自宅でのんびり過ごす家族とともに過ごすといった結果が上位でした次には旅行という声が多く旅行は一度の支出が大きく外食などにも繋がり消費を押し上げる効果も期待されています

現段階ではキャンペーンが始まったばかりなので今後浸透すれば消費に繋がる取組みは広がっていくことでしょう

 実際の評判は?

プレミアムフライデーが実施前から様々な評判がありますが、実際のところ賛否両論です

特に制度発表時には全体の70%反対されていましたプレミアムフライデーは大企業への浸透が多く中小企業などは制度そのものを導入しないといった声も多く聞こえます

しかし現段階では労働時間に関してはトリプルダウンも期待されていますつまり大企業が金曜日の午後3時以降業務を停止した場合大企業と共に仕事をしている下請け等の中小企業も営業を停止するということですそれにより労働時間の改革できるのではないかと期待されています

しかし大企業がプレミアムフライデーを導入したことにより大企業内部でも問題も起きているのは現実です導入前までは業務できた午後3時以降の仕事はそれ以外の日に残業をして消化するかまた他部署へのしわ寄せがあり他の曜日の労働時間がむしろ増えてしまったケースも出ています。

本来働き方について効果を期待している制度ですが、今後どのように企業価値を高めつつ社会に還元していくか、まだまだ見直しが必要です。

 

 

 

スポンサードリンク
 

  関連記事

スクリーンショット 2017-05-16 10.23.07
ネット銀行「ソニー銀行」の利用するメリットは?

ソニー銀行は2001年にソニーやメガバンク等の出資により設立されたネット銀行です。 ソニー銀行の特徴は個人の資産管理により収益を確保し …

ふるさとチョイス
ふるさとチョイス!ふるさと納税をスッキリ解決!

三大都市圏の人口比率は50%を超えてさらに増加傾向です。この都市圏に集まってきた人々にはふるさとがありますが、ふるさとへ税金を納めるこ …

スクリーンショット 2017-05-16 10.23.07
プロバイダー「plala」ってどうなの?

プロバイダー「plala」(ぷらら)はNTTコミュニケーションズグループである株式会社NTTぷらが運営する大手インターネットサービスプ …

電話
不明な電話番号や、住所から電話番号を調べる

「知らない電話番号から、何度も着信がある」、「知らない番号だと電話に出るのが不安だ」こんな思いをした方も大勢いらっしゃるかと思います。 …

%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%ac
今、人気のアンバサダーをお得に使う!ネスレ特集!

ネスレといえばインスタントコーヒーを思い浮かべる方が多いと思いますが、他にもたくさんの商品を扱っている企業です。 コーヒーなど飲料の他 …